ストレスがからだを壊す。

治療が必要です。

細胞によって酸化
あまりにもひどいようなら.何度も書きますが、最近は精神科の敷居も低くなり、いろいろなところに、メンタルクリニックといった病院があります。
精神科
も、メンタルヘルス科
と名称を変えるだけでなく雰囲気を明るくし、入りやすくしています。
そこで抗うつ薬や抗不安薬を処方してもらえば、とりあえずは軽くなります。

  • まず、ゆっくり休ませる!
  • 健康診断の血液検査で、肝臓の数値が悪かったとします。
    ませるなりしなければなりません。
    ひどくない場合は食事療法で治っていきますが、通常の10倍以上の数値など、あまりにひどい場合は、まず数値を下げるなり肝臓を休運動療法や食事療法は、そのあとでもいいのです。
    うつも同じです。
    まず、ゆっくり休むようにアドバイスしてください。
    また、うつが長引いている人は、服用している薬も見直してみてください。

    うつが5年も10年も続くと、服用している薬もしだいに増えていきます。
    睡眠薬なども、最初は1錠で眠れたのが3錠、4錠と必要になります。
    イライラを鎮める抗不安薬(Part2-7で触れたデパスという薬が最もポピュラー)も、最初は効いても何年も飲むうちに効かなくなり、ろな副作用があります。しかもいったん飲み始めると、1年、2年と服用し続けるのが一般的ですから、身体に良いとは言えません。
    逆に依存症になっていきます。
    抗うつ薬にも、いろいPART2の最後でも触れたように、服用量を増やす-睡眠薬や抗不安薬精神安定剤の依存症になると、抑うつ症状、倦怠感が出ます。
    つまり、うっとあまり変わらない症状になるのです。
    ここで、さらにこうなると、身体に与えるダメージも小さくありません。

  • 軽いうつの人と接するときは、
  • どうするか?
    元気だった人が落ち込むようになる。
    遅刻やドタキャンが増える。
    ケラケラ笑ったりすることが減り、ふさぎ込んでいる……こうなると、軽めのうつになっている可能性があるでしょう。

    免疫システムを備えるようになったのです。

    医師のもとを訪ねました。

    うつ病とまではいかなくても、ただの落ち込みではありません。
    この段階で早めに対応しておくと、しょう。
    入院が必要なほどの重症になる前に処置できます。
    いきなりドカンと重くなって即入院というケースもありますが、ここではそこまでは考えなくていいで「少しストレスがたまっているだけだ」
    と本人も思い、むしろ頑張ってしまうこともあります。
    ですから周囲の人はさりげなく、病院、行ってみれば
    と、声をかけてあげるだけでもいいと思います。
    うつ病未満の落ち込みだとしても、そういう人は自介のことを受け入れてもらいたいと思っています。弱気になれば、誰かにすがりたくなるものです。

    これは確かに甘えかもしれませんが、それを責めるのは酷でしょう。風邪を引いた人に、「風邪ぐらい気合いで治せ!」と言うのは、症状を悪化させるだけです。
    それと同じようなものだと考えてください。
    落ち込んだ人は、とにかく悩み、葛藤しています。
    その悩みを誰かに聞いてもらうだけで、気持ちはずいぶんとラクになります。
    ですから、いろいろアドバイスするのではなく、とにかく話を聞いてあげること。
    これがいちばんの対応です。
    あくまで普通
    に接する話を聞いて受診をすすめ、それなりの薬を服用してもらったとしても、ストレスの元になっているものを放置していると、出し、再発しないようにするのは、むしろ医師やカウンセラーの役目でしょう。
    いつか再発します。
    ストレスの元は、いろいろあります。
    これを探し大切な人が落ち込んでも、カウンセリングまですることはありません。
    相手の話を否定せずに、そうだね
    と肯定的に聞いてあげるだけでいいのです。

     

    うつだから……

    落ち込んだ人やうつの人に頑張れ
    と言ってはいけない、ということは、もう常識になっています。
    励ましてもいけません。
    「私がつらかったときは、こうして克服したよ」
    というのも、実はあまり好ましくありません。
    こうして克服した
    という体験談は、文脈的に頑張れ
    と言っているのと変わらず、かえってたちが悪いものです。
    あくまで普通に接するように心がけたいところです。
    それ以上のことをしようと思うと、周囲も疲れます。
    これでは共倒れ
    になります。
    とくに親子や夫婦などでは、相手が落ち込んでもこちらの生活サイクルを崩さずに、万が一重くなったときの準備をしておくことも必要になるかもしれません。
    落ち込みやうつのマイナスのエネルギー大切な人が落ち込んでも、らいはずです。
    一緒になって参ってしまってはいけません。

    確かに、を受け止めるのは大変です。
    大切な人が落ち込んだら、あなたもつだからこそ、周囲は冷静に頑張らなければなりません。
    そのことが最終的に、つらさを克服させてあげることにつながるのです。

    うつは、

    ゆっくり頑張って治す。うつを治すには、まず休養。
    けれども気分が回復したら、少し頑張って、「うつになりやすい生活習慣」
    を見直そう。

    あえて、

    いい加減に生きてみる少しアバウトになってみよういい加減に生きるというと、誤解を招くかもしれません。
    しかし、落ち込みやすい人、うつになりやすい人は概して生真面目で几帳面で律儀です。
    それはとてもいい性格なのですが、過ぎるとストレスになります。

    生活習慣病になります。

    医師の経験や技量に左右される
    思い切ってそれぐらい考えてください。
    落ち込みがひどくなっているときは、集中力や注意力もなくなり、仕事などの質も落ちます。
    そういうときにいい加減にやってしまっただし、状態が悪くなっているときは考えものです。
    ては、信用をなくすだけです。
    とくに私のような個人事業主は、信用がすべてです。
    いい加減な仕事をして信用をなくしたら、は、ないかもしれません。
    ですからいい加減に生きる
    いと思います。
    とひと言で言っても、とてもバランスがむずかしいとも言えるのです。
    ただ、ある種の心構えとして、「少しアバウトに生きてみようよ」
    というものがあってもい休むということを頑張る!?

    落ち込むと、何もしたくなくなります。うつになると、さらにこの傾向は強まります。けれども律儀で真面目な人は、ここで休まずに何とかしなければ……
    いつまでも何もしないで、社会から離れて生きるのも考えものです。ある程度、調子が良くなってきたら、少しだけ頑張ってみましょう。
    そうすることで、うつと付き合う方策のようなものも、身についていきます。
    と頑張ってしまうのです。
    うまく付き合うことができるようになれば、うつに対する抵抗力もつき、ちょっとした落ち込みくらいなら何とか乗り越えることができるようになります。
    上手な付き合い方と休み方ができれば、うつが重くなることも減ります。
    私が何年もうつと同居して仕事をしてこられたのも、時折、思い切って休んだり、焦って治そうと考えずにゆっくり頑張ればいいと考えてきたからだと思っています。
    もちろん、しょう。
    早く治したい
    と思っている人には、あまり参考にならないかもしれません。
    けれども、ひとつの考え方として、私のようなケースをご紹介するのも、まったく無意味ではないで

  • 治そうと考えず、
  • ラクになろうと考えるうつになると、とにかくつらい。

     

    うつが重くなるときはたいていこういう考えになります。

    ストレスがたまってイライラしたり不安になったり重いうつ病になると、激しい抑うつ状態になり、する程度なら、病気未満のうつ状態です。
    ときには死にたくなり、けれども、それなりに仕事も家事もこなせます。
    自律神経のバランスが崩れていますねーなどと言われるのも、この時期です。
    自律神経は内臓や血管など、働きです。
    全身に張りめぐらされています。
    そして自分の意思とは関係なく、体の機能を調整します。
    暑いと汗をかき、寒いとトイレが近くなる……というのも、自律神経の緊張すると汗が出るのも、自律神経の働きです。
    つまり自律神経は感情や意欲などとも、深い関係があるのです。
    ということは、落ち込んだりうつになると、自律神経の働きもスムーズではなくなり、あちこちに不調が出てきます。
    自律神経がきちんと機能していると、自律神経の乱れなのです。
    夜になると眠くなりますし、気持ちもリラックスしてきます。
    うつや落ち込みになると意欲も衰え、感情もイライラしたり不安になったりします。
    これもバランスが崩れると、夜になっても眠くなりません。
    とくに昼夜逆転の生活を続けていると、ホルモン分泌がおかしくなります。

    朝食を抜いたり、徹夜をすることによっても、ホルモンバランスは崩れてきます。
    軽いうつも、それなりにつらい重症のうつは、表現できないくらいつらいですが、軽いうつもそれなりにつらいのです。
    思い切って休めずに、焦りや不安が増大し、パニック状態になります。
    電車に乗れない、などという症状もあります。
    軽いうつや落ち込みの場合、死んでしまいたいというような自責感はあまりありません。しかし、自分でもわからない不安が常に心を支配しています。これは、本当につらい。そしてそのうち、何もしたくないというエネルギー切れ状態になるのです。
    いわゆる自律神経失調症というのも、ここに含まれます。
    十数年前、私も最初はこの診断書をもらいました。当時は現在ほどうつに市民権が与えられていなくて、うつ病という診断書を会社に持って行くと大騒ぎになるような時代でした。
    正確には、自律神経失調症という病名はありません。
    だるかったり、めまいがしたり、元気がなかったり、せんがうつの初期段階だとも言えるでしょう。
    胃腸をこわしたりしかし血管や内臓に異常が見られない場合、自律神経のバランスが崩れていることが扒ものです。

    薬ですがレビー小体型


    うつまで行かなくても、滅入ったり落ち込むのはエネルギーを消耗します。
    しかしここで焦って治そうとすると、逆に重くなることもあります。
    何年もうつと同居して仕事をし、あまり劇的に良くなったとは言えない私の言うことに説得力はないかもしれません。
    それでも、焦りは禁物だと言いたいのです。
    とくにうつが長引いている人は、薬の副作用や生活習慣の乱れなど、いろいろなものが絡んでいる可能性があります。
    だからこそ、じっくりと腰を据えて治療にあたるべきなのです。
    その際に1、2カ月の入院が必要だと医師が判断したら、て軽くしてしまうほうがいいかもしれません。
    勇気を持って決断してもいいと思います。

    うつと付き合って、ときには重くなりながら生きるよりは、いったん緊急避難して思い切っ原因になっているストレスがなくならなければ、根治すべき!
    ラクになろう
    ただ、入院していったん良くなっても、冷静になれると私は考えています。
    いつか再発します。
    と考えるのではなく、と考えたほうが、気持ちもまた、入院すれば治る
    と思ってはいけません。
    むしろ、退院後の生活のほうが大切です。
    入院中は規則正しい生活になりますが、退院して入院前と同じような生活をしていると、入退院を繰り返すことにもなりかねません。
    とくに薬を勝手にやめたり、量を増やしたり減らしたりすると、症状が悪化することがあります。
    飲んでいる間は、医師の指示を守ってください。
    ところで自律神経
    とは、どういうもの?
    感情や意欲とも深い関係がある何もやる気が起きず、とても仕事や家事はできません。

    細胞分裂を起