症状が軽い患者さんの場合

ガン·乳腺症など

治療に直接携わることはほとんどありません。
私は彼Kさんとは20年間、もつれ合うようにして仕事をしてきました。
それだけに、片腕をもがれたどころではなく、自介の粉が消滅した気持ちでした。
最初は、た。
とにかく悲しかった。
ところがしだいに、仕事にさまざまな支障が出てきたのです。
そのためのストレスと、彼がいてくれたらという思いで、一時私は少し重めのうつになりましうつというより、PTSD心的外傷後ストレス障害だったかもしれません。
そのとき助けになってくれたのが、共通の知人であるNさんでした。
NさんもKさんと仕事をしたことが何度かあったのです。
私に対して大丈夫か?といったことも言いません落ち込んで、でした。
仕事のやり方にも迷いが出ていた私を、Nさんは飲みに連れ出しました。
彼はKさんのことはひと言も口にしませんでした。
ただ、注文したビールが運ばれてきたとき、少し目を閉じて、「小野さんKさんに献杯!」
、とジョッキを合わせたのです。それだけで充分でした。私はしばらくの間、涙が止まりませんでした。
このとき以来、うつは軽くなっていきました。
つらいときに一人で悲しんでいると、不安がのしかかってくるばかりです。
思う存分悲しむことで、つらさも軽くなるのですが、一人だと考え方が一元的になり、同ところをくるく回ってしまいます。
そういうときには、はた迷惑かもしれませんが、誰かに話を聞いてもらうことです。
相手がうつのことをわかっていればベストですが、そうでなくてもかまいません。
つらかっただろうなあ
そんなひと言だけで、気持ちが少し晴れてくるものです。
話を聞くほうも大変だが….もちろん話を聞くほうも大変です。
うつのマイナスエネルギーをまともに受けるのですから、気かも落ち込みます。
重くなっているときは精神科などの受診をすすめるべきでしょうが、ちょっとした落ち込みぐらいであれば、とことん話を聞いてあげるだけでうつは軽くなります。
さとそして、うつの人から話しかけられても、諭したり反論しないこと。
うんうん、とうなずくだけでいいから、意が欲しいのです。
ひたすら聞き役に回ってください。
アドバイスしたい気持ちはわかります。
けれども、うつの人はアドバイスを求めているわけではありません。
同うつは、本人だけでなく親しい人の理解があって初めて軽くなっていくものだと思ってください。
虚に人と接するのは甘えではありません。

健康効果は望めなくなってしまいます。
「俺はうつなんだから、なぐさめてくれ」
的な態度を取るのは:甘えでしかありませんが、謙自分で治すことも考えるうつであることに安住していないか?
ここからは、うつの人にとって、やや厳しいことを書くかもしれません。
れい上野玲さんというジャーナリストがいます。
ご自身もうつ患者ですが、必死で頑張って仕事をしています。
そしてその結果、うつと付き合う姿勢が大切。
付き合うためには、「うつに甘えてはいけない。うつは誰でもなる病気である以上、でもしっかり社会と向き合うことが必要だ」
自分の殻に閉じこもり、自分はうつだから何もできないと考えるのではなく、うつーといった趣旨のことを著書で書かれ、講演会などでも話されています。
私はこの考えに、半分は賛成です。
上野さんは、うつ患者をあえて厳しい言葉で叱責しています。それは世の中に、うつで何もしない、責しているのです。すべてのうつの人に頑張れと言っているのではありません。
うつで社会に生きようとしない人がけっこういるからでしょう。

上野さんはそういう人を叱「私はうつだから何もできないのです」
そんなふうに臆面もなく、堂々と言う人を叱責しているのです。
つらくて苦しくて起き上がることもできない-そんな人に頑張れとか社会性を考えようと、みたいという気持ちを振り払って、沙し:頑張るべきではないでしょうか。
私も言いません。
しかし何とか布団から出られるようになって少し働けそうになったら、もっと休ゆっくり頑張ることのむずかしさ頑張りたくても、気持ちがふさぎ込んでどうしようもない……上野さんもそういう経験をしてきて、その中で、「自分は抗うつ薬を飲みながら、必死で頑張ってきた」
と主張します。
しかし、どうやっても頑張れない人もいます。
本書を手に取られた人は、まだ少しは頑張れる人でしょうが、重くなると理屈ではなく何もできなくなります。
しかし上野さんは、うつの世界でそれなりに発言権を持った人であるだけに、うつのつらさを拾い上げる:優しさ:が、もう少しあってもいいと感じることがあります。

ホルモン焼きはおなじみですが。

半分は賛成
とは、そういうことです。
もちろん上野さんは軽症うつを対象に活動しています。
ゆっくり頑張る-これが私の考えです。
軽症うつはある程度なら頑張れます。
それをうつだから……
と何もしないのは良くないというのは、私も同感です。
うつでも、場合によっては、少し休養しても、完治したとは言えません。
まだ半分ぐらいしか治ってないけれど、生活していくためにはその段階で社会復帰しなければならないこともあります。
元働きながら、リハビリしながら少しずつ軽くしていかなければならないのです。
そのとき、「うつだから仕方ないのだ……」
と考えるのは、厳しい言い方をすれば甘えにつながります。
実際、うつに甘えている人はかなりいると私は思います。
しかしそういう人でも、何らかのうつ的病理を抱えていることは事実です。
本当にうつを治したければ、少しだけ自分に厳しくすることも必要です。
内臓をこわした人が暴飲暴食を避けて節制するのと同じ、と考えてください。
しなければ、うつになったら、の本当のところをわかってくれないと思うのです。
何もできなくなって死んだようになる……というだけではいけないと思います。

うつでもそれなりに生活できるのだということを、うつ患者が:発信誰もうつうつな自分を責めない誤解のないように付け加えておきます。
うつ
になったことは、悪いことではなく自分を責めることはないのです。
責めたくなる気持ちはわかりますが、責めたところで何かが好転することはありません。
とくに生真面目で勤勉な人は、うつになる因子を常に抱えています。
しかし生真面目で勤勉だからこそ、社会で強く生きていけているのではないでしょうか。
自分を責めないでください。
ダメな自分でも、どこか一つや二つは、いいところがあるはずです。
そこを認めてあげましょう。
ところが、ごく一部ですが、き合っている人もいるのです。
うつであることに安住し、没社会的にひっそりと生きようとする人がいます。
落ち込んでも、自分を励ますように立ち直ろうとしている人もいます。
その人たちなりの生き方であることは、よくわかります。

薬品として中央ガン·乳腺症などしかし、うつでも社会に向そういう人のことを考えてください。
うつに逃げてはいけません。
自分がうつであること、うつに近い落ち込みであることを認め、それでも前向きに生きるにはどうするかを考えてほしいのです。
医者だけでは、うつは治せない医者に頼りすぎるのも、どうかと思います。
とくに最近は、安易に抗うつ薬を投与する医者もいます。
医者を信頼することは大切ですが、依存してはいけません。
もちろん、良心的な医者は投薬だけでなく、生活全般にわたるアドバイスをしてくれます。
そのような医者を見つけることも、回復のポイントになります。
しかし生活習慣の乱れは、医者だけでは治せません。

的確なアドバイスはしてくれるかもしれませんが、それを実行するのはあなたです。
自分で規則正しい生活をつくっていくしかないのです。
頑張りすぎてはいけませんが、つらくて起きられなくても起きる-たとえばそういうことを続けていかないと、うつはどんどん身体をむしばんでいきます。
うつは睡眠障害を伴うことが多いため、ます。昼夜逆転の生活や、好きなときに寝て好きなときに起きるという不規則な生活になりがちです。
こうなると、肝臓、腎臓、足腰の衰えなどにもつながりうつは全身病
だと私が言うのは、そういうことなのです。
確かに薬は、ある程度は効きます。けれどもメチャメチャな生活をしていてストレスも放置したまま薬を飲んでも、あまり効果はありません。
自分で治すことを、工夫してみてください。
他人への期待値を下げる工夫をしてみる何もかも思い通りにはいかない何かに対して腹が立ったり、冗談じゃない、話が違うじゃないか、と思うことはよくあります。
こういう怒り
の感情をコントロールできるかどうかが、ストレス処理につながります。
ただ、このコントロールは本当にむずかしい。
そもそも怒ったり理不尽だと思うのは、がるのではないでしょうか。
何らかの理想像、期待値のようなものがあるからです。

細胞の分裂を抑制する。

その期待値と現実がかなり違う場合、「こんなはずではなかった」
という思いになり、怒りにつなであるなら、意識して期待値を下げる工夫をしてみるのが、いちばんです。
こうあるべきだ
というのも期待値です。
若い頃はこういう気持ちが強くても、おうよう年齢と共に鷹揚になるのは、「まあ、人生いろいろ、そういうこともあるよ」
と考えられるようになるからかもしれません。
ものごとは、すべて思い通りにいくわけではありません。
そういう経験を重ねることで、ま、いいか
という考えも身についていくのでしょう。
期待値を下げるのはあきらめ
ではない人と付き合うときも同じです。
相手に対して、ながります。
何らかの期待をします。
希望や要望を持ちます。
ビジネスの場でもそうですし、友人や夫婦でもそうでしょう。
期待に応えてくれないと失望しますし、場合によっては怒りにっしかし、期待値とはあくまでこちら側の要望でしかありません。
こうしてほしい
わかりました
という契約のようなものならまだしも、普通の人付き合いなら、わざわざ、「私はあなたに、こういうことを期待しています」
と言ったりはしません。
つまり、あえて言うなら、期待値とは大変、勝手な感情でもあるのです。自分の勝手な感情とズレがあるからといって怒るのは、それこそ身勝手というもです。
ですから、他人に対して怒りが生まれたら、まず期待値を下げてみてください。期待しすぎると、イライラが増すばかりです。
たとえば私の知り合いに、あまり頑張らない男がいます。もちろん本人は一生懸命頑張っているのでしょうが、少なくとも私の目には頑張っていると映らない。
ここに90センチと、1メートルと、1メートル10センチのハードルがあったとします。彼は間違いなく1メールは跳べます。チャレンジすれば、もっと跳べるかもしれません。しかし彼は、いつも90センチのハードルを跳んでいるのです。
最初に仕事をしたとき、と仕事をしています。
あまりの向上心のなさにあきれたものです。
ただ、彼がやってくれる仕事は90センチのレベルだけど、90センチなりの完成度がありました。
そこで私は、割り切って彼あきらめではありません。
期待値を下げたのです。
気持ちに折り合いをっける工夫をする良い状況もあれば、悪い状況は改善されなければなりませんが、どうやっても改善できないのであれば、人間関係には、いろいろな状況があります。
腹をくくるしかありません。
悪い状況もあるでしょう。
当然、どこかで状況が変わらないことでイライラしてうつ状態になることを繰り返しているのなら、これはこれで仕方ない
と、自分の気持ちを納得させることも大切です。

老化の進み具合を遅くする

どうしても我慢できないレベルなのか、気持ちに折り合いをつけることで「この人はこういう人なのだ」
と自分を納得させられるレベルなのか-まずそこを自介で判断してください。
どうしても我慢できない、折り合いもつけられないというのであれば、離れたほうが互いに幸福です。
大切な人が落ち込んだらひどいときには病院に連れて行こうここからは、少し視点を変えてみます。
あなた自身が落ち込んだりうつになったのではなく、あなたの大切な人が落ち込んだらどうするか-ということです。
内臓などの病気と違って、うつの場合は、自己申告:です。何か。数値:が変化するわけではありません。
本人がつらいと言い、見た目にもやつれているようなら、うつ病まで進まなくても、限りなく病気に近いうつ状態になっていると思っていいでしょう。

何回もうつになっている人は、あ……来たなとわかりますが、初めての人は自分がうつ状態だとわかりません。ちょっとした落ち込みくらいに考えて放っておくと、症状は一気に重くなる:とがあります。
「僕、最近は、ポジうつポジティブなうつやや軽率に使われている感もあります。
といった言葉まで使われ、普通の会話で、今日ちょっと、うつなんだよ」などと話されたりします。
うつに市民権が与えられたのはいいことですが、それでも私は、この状況を悲観はしていません。堂々とうつと言えるようになっただけでも、いいことだと思います。

      医学的にはいろいろな定義があります
      症状への処方を覚えることが不可欠です。
      薬物療法をひととおり終えた方


ガン·乳腺症など 生活習慣病との関係を探るため ホルモンが大きく変化して